murasaki

記憶の記録。あるいは独白。
<< 2017年J2第3節 VSアビスパ福岡 1−2 | main | 2017年J2第5節 VSV-ファーレン長崎 0−1 >>
2017年J2第4節 VSファジアーノ岡山 1−2

ようやくというべきか、大黒を外して迎えたこの一戦。同時に若い面々も一気に起用された。

試合は、ギクシャクした序盤を抜けると、イ・ヨンジェのフリーランに引っ張られるように前線のスプリントが際立ってくる。相手DFが中央を気にすれば石櫃へのサイドチェンジが決まる。そして後半には待望の先制点。これが言っていた「縦への速さ」なんだなと。

悪くなかった。勝つべき試合だった。

試合は大黒の投入で風向きが変わる。フリーランや相手DFと競り合うプレーは消え、途端に相手DFへの圧力は小さくなった。ハーフコートで押し込まれたサンガは、いつ事故が起きてもおかしくない状態となり、そして事故が起こった。

大黒の是非は語るまでもない。改めて感じたのはやりたいサッカーと補強のミスマッチ。つまり、望月の位置から広い展開ができれば、左サイドに本職のアタッカーがいれば、3バックの左右に機動力があれば、ということ。我々が必要としていたのは、やはりボックスストライカーや大型CBではなかった。

 

 

 

 

| ファジアーノ岡山 | 20:15 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:15 | - |









+ Twitter
こちらです。 エジミウソン@ejimiuson11
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PR
無料ブログ作成サービス JUGEM