murasaki

記憶の記録。あるいは独白。
<< 第3節岡山戦感想 | main | 今時計が処刑の時刻を指す(「証言」より) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
このチームに向上は見込めない(第4節長崎戦)
■石丸清隆という男
幼い頃に観に行った西京極で、ボランチに入っていた石丸は本当に目立たないプレーしていた。その仕事は正にバランサーという呼称通りで、それ以上でもそれ以下でもなかった。攻撃ではリスクを冒さず安全なパスを選択し、守備ではまず危険なスペースを埋める、これを90分間淡々と続ける。それが石丸という選手だった。

■チームは監督を映す鏡
開幕から4試合、結果も内容も一向に向上しない。今まではそれが発展途上の苦しみなのだと思っていたが、今節を見て確信した。攻撃ではリスクを冒さず、守備では埋めることを優先するこのチーム状態こそが石丸サンガのスタイルなのだなと。それはもう石丸監督の選手時代のプレースタイルそのものであり、このチームの中心にいる佐藤のプレーなんかは石丸「選手」と完全に一致している。
もちろん、現役時代のスタイルと監督としての戦術というのは往々にして逆だったりするし、もしかすると監督の意図とは違う光景がピッチ上で起きているのかもしれない。しかしそうだとしても、4試合やって進歩がない状況がその監督の手腕であるし、やはりここからチームが大きく変わることはないのだろうなと。
何より、終盤になっての山瀬・内田の投入、FW同士の交代という交代策からは勝ち越しの意思を感じることはできない。監督の勝負へのこだわりや執念というのはそのままモロにチームに反映されるものであり、必然の連続ドローだと感じる次第。

■バランス感覚だけで成り立つチーム
現在のサンガは、さながら昨年の名古屋や例年の千葉ばりに運動量と勢いのないチームになっているが、これは恐らく選手の責任ではない。川勝時代のサンガがそうであるように、チームの方向性やスタイルが定まっていない状況では、選手は動きたくても動けない。そもそも動いていいのかわからない。
元々昨年のチームが機能していた時期も、攻撃は両翼のドリブルに、守備は前線の個々の機動力とアジリティに依存している部分が大きかった。それも駒井や伊藤、宮吉、有田といった若手にシンプルに切り替えた当初こそよかった。しかし、磐瀬から下畠、田森から金、大黒の先発復帰といったような、若手主体の布陣に自らの手を加え始めたところから、チーム全体の運動量や切り替えのスピードが目に見えて落ちていった。昨年のラスト10試合、特にその中の最後の3試合、愛媛戦、栃木戦、水戸戦あたりの硬直した試合内容は、まさに今季に通じるものがある。逆に就任直後の長崎戦、セレッソ戦、福岡戦のような溌剌とした試合は、むしろ未整理状態ゆえの確変期だったのだなと今となっては思う(まあ良かったと言っても、その3試合は1勝2敗であるのだが)。
したがって、チームとしてのコンセプトが不在で、攻め方・守り方に拠り所がなく、なんとなく個々の選手の「バランス感覚」だけでふんわりと成り立っている今のチーム状態こそが石丸サッカーなのだろう。

■選手起用のミスマッチ
一方で、再三言っている通り選手起用は未だに解せない。
今節の試合後の会見で石丸監督は「自分たちがやりたいことはボールを動かすことなのに」と言っているが、ならば何故イ・ヨンジェ・本多・佐藤・アンドレイの起用になるのか。百歩譲って特徴のない佐藤はよしとしても、少なくとも本多とアンドレイはパスでの組み立てを得意とする選手ではないし、イ・ヨンジェはポゼッションの中で真価を発揮する選手ではない。むしろ彼らは引いて固めてカウンターを狙うようなサッカーに適した人材である。このあたり、石丸監督が本当は何をしたいのかが全く見えない。CBだらけの布陣でポゼッションサッカーをしようとした加藤久ばりにミスマッチを深めている感あり。

■今後
まさか今年も監督批判を展開することになるとは思っていなかった。もうこれも3シーズン目である。
とはいえ、戦力はなんだかんだJ2トップクラスだとも思う。なんせここまでグダグダにもかかわらず一度も負けていないのだ。今後についても、堀米や競飛王の復帰により、崩しの部分は個頼みは変わらないにしてもマシにはなっていくだろう。一方で、そんな小手先の変化でこのふわふわしたチームが鋭利なJ2を勝ち進めるとも思えず、引き分け時々勝ち/負けくらいで今後も推移していくのだろう。今年はそこそこ期待していただけに本当に残念だ。

以上
| 京都サンガF.C関連 | 23:16 | comments(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:16 | - |
お久しぶりです。
佐藤は、前に出てボールを受ける動きやサイドに流れてパス交換に加わる動きなど、便利屋さんに徹している姿はまあ悪くない印象を持っています。あれが石丸監督がセグンドボランチに求める動きだとすれば、チームの戦術理解が深まって堀米が戻って来くればもう少し何とかなるんじゃないかなあと希望的観測を持ってはいるのですが、それにしても3-4-2-1なんかで染谷→有田の放り込みを適当に展開してる方が強そうな気がします。

結局チーム全体のコンセプトや考え方なんかがはっきりしないので、シーズン前に思っていたブログやろうかなあとかカメラ買おうかなあとかが全部保留に……
| yann | 2016/03/21 11:35 AM |
>yannさん

コメントありがとうございます。
佐藤自身は自分のできることを懸命に全力でやっているとは思います。が、正直アンドレイと彼のコンビはボールを持てないし刈れないので、カウンターにもポゼッションにも持って行けないのがかなりしんどいですね。まあアンドレイは高さではかなり貢献できている分、どうしても佐藤に批判の矛先がいってしまうところもあると思います。
個人的には、仮に堀米が戻ってきたとしても、このダブルボランチではヴィルドアップがもはや窒息状態なので、堀米まで良い形でボールを運ぶことすらままならないんじゃないかなと悲観的に見ています。
おっしゃる通り割り切って放り込みにすればかなり強そうなメンバーだとは思うんですけどね。

≫結局チーム全体のコンセプトや考え方なんかがはっきりしないので、シーズン前に思っていたブログやろうかなあとかカメラ買おうかなあとかが全部保留に……

お気持ち察します。自分のモチベーションもだいぶ落ちてきました。とりあえずやりたいサッカーを明確にしてもらわないと何も始まらないですね。
| ejimiuson | 2016/03/21 2:24 PM |









+ Twitter
こちらです。 エジミウソン@ejimiuson11
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PR
無料ブログ作成サービス JUGEM