murasaki

記憶の記録。あるいは独白。
どう評価すべきか(2015年J2第5節VSコンサドーレ札幌)
2−1

以下、時間が経ってしまったが雑感を。

◆内容に見るものなし
・まともな攻撃は数えるほど。遅攻で相手ゴール前までボールを運べた場面はなかったような気がする。酷い内容。
・原因はやはりメンバーで、バキー金のコンビはあまりにも後方を重たくしてしまう。
・少人数で攻めなければならない前線4人の出来にも問題あり。大黒は基本的に収まりが悪いし、山瀬も去年から顕著だが縦に行こうとした際に引っ掛かってしまうことが非常に多い。そして一番まずいのはロビーニョとファンジンソンの新加入外国人。体が重いのかその程度なのかロストが多すぎる。特にファンジンソンは今のところ何が特徴なのか全く見えない状態。

◆新たな戦力の台頭
・一方で、菅沼と内田は予想以上の出来。
・菅沼はあれだけ前にも後ろに対応できて縦パスを通せるのに、これまで不遇をかこってきたということは恐らくポカがあるんだろう。引き続き注視したい。
・内田は攻め上がりもパス出しも守備もいずれも穴がなく、終始安定していたプレーを見せていた。2節以降、ファンテソンに感じていたストレスを吹き飛ばす素晴らしいプレーぶりだった。
・ファンテソンは長身&加速力&レフティというスケールのデカさがある一方、足元と対人守備の不安定さが際立つ粗削りな選手だが、内田はその対極にある感じがする。
・札幌のように前掛かりに攻めてくれる相手なら、ファンテソンもこれまでよりは活躍できた可能性はある。ただ、今後も引き続き「持たされる」展開が続くことを考えると内田がベストだろう。
・宮吉は相変わらず動きがキレているのでFWで使ってもらいたい。

◆もはや内容には期待しない
・酷い内容、と上で言ったが、個人的な評価は悪くなかったりする。
・和田監督に攻撃の構築は期待できない。いつもみたくグダグダな攻撃でリスクばかりを増やすなら、いっそ今節みたく攻撃度外視、内容度外視のメンバー/戦術のほうがよっぽどいい。
・もちろん、和田監督が内容を切り捨てられるほど腹を括れる勝負師には見えないので、今節の勝利も狙い通りというわけではないのだとは思う。事実、守備的な布陣を敷いてる割に簡単に決定機を作られていたし。
・それでも、今節のように守れるメンバーで固めておけば、現行のサッカー(=相手の守備ブロック前で味方にパスを押し付け、最後は大黒めがけてクロスを入れるだけのサッカー)より勝率は高まるだろう。恐らく和田監督の資質にもその方がまだ合っている。まだ有効な采配が打てる気がする。
・今節の前半でのファンジンソン交代がわかりやすいが、守備での綻びを埋めるような采配であれば和田監督はそれなりに大胆且つ的確な采配が打てる。だがこれまでの試合を見てくればわかる通り、攻撃面で点を獲りに行くような采配については、人選・タイミング的にも下手で思い切りもない。そういう意味でもボコボコにされる展開に持ち込んだ方がまだいい。

◆千葉戦の見通し
・ハリルホジッチが指揮する日本代表を見た後だと、サンガの球際の弱さ、攻撃での縦への遅さ、そもそものそのあたりのチーム全体の共通意識の乏しさ、5試合経ってもそれをチームに植え付けられない指揮官の能力や性格がよく目立つ。バドゥ時代ほどではないが、要はゆるいチームだなと。
・そういうチームは、根本的にはリアリストである関塚監督の食い物になる可能性が高い。持たされる展開だとかなり厳しい結果になるだろう。
・一方で、今節のようにグダグダでも相手が持つ展開になれば、勝機はあるかもしれない。いずれにしてもかなりの幸運と杉本の当たりが必要な試合になるだろう。

以上
| コンサドーレ札幌 | 02:56 | comments(0) |
+ Twitter
こちらです。 エジミウソン@ejimiuson11
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PR
無料ブログ作成サービス JUGEM