murasaki

記憶の記録。あるいは独白。
ミラーゲームで露わになる実力(2015年J2第2節VSジュビロ磐田)
0−2

以下雑感。

・4-2-3-1、スペースを消しながらのプレス、一方でかからないときの帰陣&ブロック、セットプレーの強み、そして縦への速さからの個頼みの得点力、いずれも両クラブの特徴であり、試合はミラーゲームの様相。
・が、両クラブともに、楔へのパス精度、切り替えのスピードにはまだまだ改善の余地があり、第三者からするとあまり面白味のない試合だったのではないか。なにより、上で述べた戦い方自体が敗北を避ける狙いが強い現実的な戦法であり、理想の低さゆえにロマンが感じられないというのが、この「塩試合」の何よりの大きな要因だろう。

・勝利したのはジュビロ。こういう手堅い戦い方をするチーム同士の試合はどうしてもチャンスの少ないロースコアの展開になる。その意味で、名波監督が語った通り「先制点が重要」であり、それをセットプレーの一発で仕留めたジュビロの狙い通りの完勝と言える。
・結局、同じシステム・戦術を採用していても、前線の「戦闘力」の違いが露骨に表れた。特に個人の打開とともに、石櫃を完璧に抑えたアダイウトンは素晴らしい。
・確かに、サンガがアクシデントでもセットプレーの一発で先制点を奪っていたなら、全く逆の展開になっていた可能性はある。とはいえ、やはりこの前線の力差は埋めがたく、勝率は低かったと言わざるを得ない。

・サンガ自身の話でいうと、このゲームで明確に表れたのは相変わらずの攻撃のパターンの少なさ。大黒と石櫃を徹底的に対策されると、一気に手詰まりになってしまう。そうなると和田監督が重視するセットプレー頼みにどうしてもなってしまう。
・佐々木も攻撃時のリンクマンや守備時のプレス要員としては優秀だが、得点がほしい場面での物足りなさはかなり感じる。
・原川は前節よりかなりボールを受けられていたが、もっとゴール前へのスプリントを増やさないと、こういったゲームの打開は難しい。
・正直、和田監督の指揮するチームでここから一気に攻撃のバリエーションやパス交換の連携が向上するとも思えない。今年一年、今節同様先制点を獲られたゲームはかなり悪い結果になるのではないか。
・じゃあどうすればという話だが、ある程度攻撃が前線の個任せになる以上、その個に頑張ってもらわなければならない。駒井が今節のように消極的なプレーに終始すれば当然打開は難しいし、佐々木-大黒のラインも点を奪うには弱い。
・したがって、まだ全容が明らかになっていないダニエル・ロビーニョとファンジンソンがどれだけ個人技で付加価値を与えられるか次第だろう。今日見た限りだと、ロビーニョはフィジカル・スプリントに黒人らしい強さを感じた。今後に期待。

・あとはもちろん和田監督にももっと厳しい判断を要求したい。大黒に2〜3枚ついている状態でも、大黒が要求する通りに、アーリークロスやロングボールを入れてしまう仲間たちである。これだけマークが徹底されて抑えられている状態であれば、交代させるのは有田ではなく大黒だったのではないか。
・大黒を途中で、しかも前半で代えるのはかなり難しい決断だろう。だが、良い意味でも悪い意味でも影響力の絶大な選手であり、今は皆がボールを持ったら大黒を探してしまう状態なわけで、ときには強制的に断ち切る勇気も必要だと思う。
・昨年の得点王にもかかわらず、大黒残留をサポーターたちが素直に喜んでいるように見えなかったのは、大黒頼みが今節のように停滞につながる点を懸念していたからだし、今節はまさにその懸念通りの状況になっていた。ロビーニョを2トップの一角に入れての緩和も悪くないが、もっと流れを変える「采配」を今後は見たい。

以上
| ジュビロ磐田 | 17:03 | comments(0) |
激戦、そして終焉(2012天皇杯3回戦)
VS ジュビロ磐田
1−1(PK3−5)


■個別評

GK水谷 5.0
決定機阻止もあったが、失点シーンは防げないシュートではなかった。また、PK戦において全て逆をとられていたのは頂けない。
DF黄 4.5
守備の頑張りは認めるが、ボール保持時にとにかく詰まった。このチームのSBとしては苦しい。
DF染谷 7.0
カバーにカットに盤石の出来。一つ飛ばした縦パスも見事だった。
DFバヤリッツァ 6.5
ほぼすべての一対一を防いだ。退場シーンは不運。
DF安藤 6.5
驚いたことに対面の山田にほぼ一度も抜かれなかった。
MF駒井 6.0
運動量と気迫に鬼気迫るものを感じた。ただ、一人抜いて二人目、三人目で潰されてしまう場面が多かった。
MF福村 6.0
黄と組んだ左サイドにおいてロストがかなり目立った。だが、守備面でのここぞというときのスライディングタックルは光っており、幾度もピンチの芽を摘んだ。
MF中山 5.5
運動量は多かったが、ボールを持った際になかなか局面を変えられなかった。
MF工藤 6.0
変幻自在のポジショニングと予想外のパスで相手の驚異となっていたが、フィニッシュの精度が低かった。
FW中村 7.0
J2での試合ほど圧倒的な存在感は見せられず、ロストも目立った。が、一番しんどい時間に個の力のみでゴールをこじ開けた。凄まじかった。
FW宮吉 6.0
動きが軽やかでチャンスも作った。悪くない出来。

FW長沢 6.0
期待されていた通り基点になれていた。
DF酒井 −
ミスはなかった。
FW原 −
気迫を感じるプレーで可能性を感じさせられた。もっと長い時間見たい。


■総評
まさしく五分五分。激戦はPKで幕を閉じた。

チャンスは双方にあった。だが、決定機自体の数は共に少なく、終始中盤での潰し合いが続いた。お互いコンパクトな陣形を築いているためとにかく展開が速い。サンガとしても普段ほどパスをつなげなかった印象。

攻撃面では、左サイドの組み立てがかなり苦しかった。黄のところでかなりボールを刈られ、ショートカウンターを幾度も食らった。一番近くにいるのが福村というのも辛く、明らかに狙われていたように思う。改めて黄はオープンな場所・展開で活きる選手だと感じた。

守備面では流動的な松浦をなかなか捕まえきれず、飛び出し、小刻みなドリブルでかなり危ないシーンを作られた。また、右SBの山本侑と山崎のパス交換にも振り回された印象。
ただ、エース格の山田を安藤がかなり止めていたのはでかかった。

失点シーンはなんとかならなかったか。あの角度から決められるとちょっとつらい。

一方ゴールシーンは鳥肌もの。残り10分、10人、攻め手がない状況で、たった一人で中村がゴールをまさにこじ開けた。技術、フィジカル、それだけじゃなく、チームを背負う責任感、そして自分が決めるという意思の力を感じた。一体、この選手はこの先どうなっていくのだろうか。

PKは運。とはいえ、水谷は動き出すのが早すぎる。
水谷は相変わらず長短がはっきりしている。ただし、決定的なミスが少ないことについては評価したい。

あとは主審の松尾氏にも言及しておかねばならないだろう。かなり独特のファール基準を持っているようで、カードの敷居も低い。どちらにしても、一般的な基準からはかなりかけ離れているわけで、両チームとも当惑していた。比較的大人しいチーム同士の戦いだったため問題は起きなかったが、あの分では近いうちに悪い意味で注目されそう。

以上、サンガの出来は決して悪くなかった。しかし勝てなかった。しかも相手には日本一のCFとクロッサーがいなかったとのこと。
J1の壁は高い。



| ジュビロ磐田 | 23:26 | comments(0) |
信じられないほどに空っぽ <2010J1第24節VSジュビロ磐田>
0−1



試合後、しばらく呆然となった。ここまで内容も気持ちもない試合ってあるのだろうか。早々の凡ミスの失点も信じられなかったが、それ以上にその後の85分間の内容に驚いた。まさかあの低調なパスの押し付け合いをタイムアップまで見せられるとは・・・。もはや怒りとかじゃなく唖然である。
テレビからはアナウンサーの「サンガに残された900分」という言葉がむなしく響いた。こりゃだめだわ。


●我々は何も持っていなかった

この試合を前に我らがサンガはここ2試合で勝ち点4を獲得していることもあり、チーム状態は向上しているとばかり思っていた。だが実際は連敗時となんら変わっていなかった。サンガには能動的にゴールを奪う術などなかったのだ。それどころか、どのようにしてボールを運んでいくかという共通意志すらない。なんせ90分間ずっと低調なリズムで、近くの味方にパスを押し付けては同じような形で奪われ、蹴れば跳ね返され拾われ、ということを何の危機感もなくおこなっていたのだから。簡単に言えば、ボールをまわさせられていただけ。

よくよく考えれば、前節、前々節の各ゴールはツイていただけであり、その他はほとんど遅攻は形を成していなかったのだが、勝ち点獲得で筆者自身過信してしまっていたようだ。そんな状態で先制点を奪われれば、ハプニングでもない限り点などとれるはずがなく、勝てるはずもなかった。一体秋田監督は何を目指し、何を練習させているのか、正直言ってまったく彼のサッカーというものが見えてこない。加藤政権に比べてよくなったのは、守備時のブロックが若干コンパクトになったことと守田の発掘くらいなものでまったく積み上げがない。絶望的。


●もはや救出不可能

当然メンバー選考にも疑問が残った。あの停滞した閉塞的状況で残りの交代カードを切らなかったことについては、誰もが感じたようにまったく理解不能。仕事放棄もいいところ。それ以上に出場していた選手たちのプレーも意味不明。解説の鈴木悟氏が指摘していたように、こちらが勝っているかのような切迫感のないチンタラしたプレーぶりには怒りを感じたし、相手の守備ブロックの前でハンドボールのようなパス回しを続けた挙句、最後にバックパスしたシーンには開いた口がふさがらなかった。クラブはもちろん、監督、そして選手までがここまで危機感を感じていないようではホント救いようがない。

もちろん監督には監督の考えはあったのだろう。だが、ボールを持てても決定機がまったく作れていない状況は、データを見ても素人目に観戦してても明らかだった。仮に試合後、「あのメンバーでチャンスを作れていたので」みたいな悪いときの加藤久氏のような発言をしているとしたらかなりの重症である。もう一度言うがパスをまわさせられていただけなのだ。


●どうなんだドゥトラ、太亮

個々についても一言言わねば気が済まない。まずはドゥトラである。よく頑張っていた、とは思う。だがいい加減突っかけては二、三人目に引っかかるというのはもはや見飽きた。監督は何故か手応えを感じているようだが、残念ながら彼のプレーは決定機につながっていない。最近のサンガの攻撃は全部彼のところで終わってしまっている。
これはドゥトラばかりが悪いわけではない。彼自身は様々なアイディアを駆使しながらゴールに迫ろうと努力している。しかし守勢なチーム戦術もあり、ディエゴ以外の他の選手のフォローがほとんどなく、それが選択肢をドリブルのみに限らせてしまっており、相手に対応させやすくさせてしまっている。したがってサンガの現状とはとことん合わない選手なのだ。そんなわけで攻撃は完全にドツボ。それでも監督は相変わらず我慢強い起用を続けているが、ディエゴはともかくドゥトラはそろそろ諦めていいのではないだろうか。せめて終盤からとか。

次に中村太亮。ここも相変わらずの閉塞感。とにかくボールを持った際のアイディアに乏しい。さらに組み立てでも非効果的なパス出しが目に付く。守備が堅いわけではないので、現状起用の意義が薄い。成長は認める。有望だとも思う。だが、今は甘いことを言ってられない。あの位置で中に合わせられないクロッサーは現状使えないのだ。
ちなみに逆側の渡邊だが、ここもことごとく失点に絡んでしまう状態。決して試合を通じて出来が悪い訳ではないのだが、前々節のポポのポストに当たったシュート時の対応、前節のミシェウへのマーク、今節のクリアミスと各試合で必ず一度やらかしてしまっている。ただこちらは中村太亮とは対照的に、サイド攻撃で欠かせない存在となっているため外せない。やはり、渡邊のSBは難しいのか・・・。

その他、スタメン復帰の増嶋、中谷が予想以上に悪かった。共にまったくボールが足についておらず、失点時でも大きな原因となっていた。特に確か増嶋だったと思うが、あのクリアミスは本当に残念。プロとはなんぞや。


●徹底的な放り込みを!

正直、今節で最も可能性を感じた攻撃は単純なパワープレーだった。つまり放り込みである。勝っているときはまだしもそれ以外のときは、次節以降2008年のようなより徹底的な放り込みスタイルでラフさ・タフさを前面に押し出していくべきだ(加藤氏の得意戦術なのは皮肉だが)。少なくとも今節のような意図の薄いヴィルドアップはもう完全に排するべきだと思う。あまりにも中途半端だし、残り時間では成長見込みが乏しいからだ。幸いなことに、加藤氏の残した負の遺産としていまのサンガにはフィジカル面に秀でた選手が多い。西野や金の状態も上がってきた。なによりいまのサンガには、もっと気合を前面に押し出すような戦いをしてほしい。


ただまあそんなことを言っても、あんな試合の後だと上記の言葉はどこまでも空虚である。伝統なのかなんなのか、サンガにはこうした覇気も内容もないような試合が年に数度ある。特に今年は、セットプレーなどの集中を要する状況において何が何でも跳ね返すという気概が感じられない雰囲気が例年にも増して強い。集中や気合が感じられるのはリードできたときのみで基本は淡白。かれこれ何年も前から存在する、こうしたサンガ特有の負のチームカラーはかなり根深い。
ほんと今日みたいな試合を見せられると、もはや残留・降格以前になぜこのクラブを応援しているのかすらわからなくなってしまう・・・。そんな哀しい試合だった。



◎追記

試合後会見の記録を読んだ限り、どうやら秋田監督とは試合内容の認識にかなりの違いがあるようだ。戦い方やサイド攻撃の手応え、ドゥトラの起用法などについて、自分と真逆の感想を持っていた。ただ一つだけ確かなのは、今節のサンガはゴールの近くには行けても一つも決定機を作れなかったこと。そしてそれは磐田がそういう守り方をしていたから。つまり結局、通用してないってことだと筆者は思う。




| ジュビロ磐田 | 22:10 | comments(2) |
+ Twitter
こちらです。 エジミウソン@ejimiuson11
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PR
無料ブログ作成サービス JUGEM