murasaki

記憶の記録。あるいは独白。
戦況は刻々と<2010J1第六節VS名古屋グランパス>
0−2



●精彩を欠く名古屋


前半の名古屋の低調さは、戦術と言うよりは不出来と見るべきだろう。

序盤、サンガは球際に強い角田・片岡で中盤のスペースを消し、追い込んだ先から出てくるケネディへのロングボールにはカクテヒが互角以上の対応を見せていた。
名古屋は暑さのせいか全体に動きの量も少なく、雑なプレーも目立っていた。

ただし、キックオフ直後はサンガの選手もやや浮足立っており、負けず劣らずミスが多かった。そして早々に失点。
悪い状態にも関わらず、先制できてしまった名古屋は、攻守においてさらに全体の動きが消極化。

もともと名古屋はプレッシングにおいては、奪いにいくことよりもスペースを消すことを優先するチームではあるのだが、先制後さらにその意識が顕在化。
それが悪い方へと作用し、名古屋のプレスは語弊はあるがアリバイ作りのようなチェックが増え、圧力の低下したただ埋めてるだけのような状態へとなっていた(フィジカル面を重視しない中盤の配置も一因だろう)。

そうなるとサンガ程度のパスワークでも、プレスをいなしつつジリジリとボールを運ぶことに成功していた。これだけでも加藤サンガの中では随分珍しいことだ。
実際、ショートカウンターではあるが、前半から後半最初の中山のポスト直撃のショートまで、能動的な形で約四度チャンスを作っている。
これらは前述したような名古屋のプレスに圧がなかったこと、さらにそこをうまくかい潜れていたことで、バイタルエリアを埋めていた吉村の脇をフリースペースを使えたことに起因している。

なんにせよ、どれか一本くらいは決まっていてもおかしくはなく、名古屋としても決定機を作られていたわけで、その点は不本意であったはず。
したがって、その意味で後半最初までのサンガペースは、名古屋の戦略というよりは真にサンガが主導権を握っていた、と僕は見ている。
ただし、この時点までは、だが。


●勝負を決した追加点。術中へ

後半早々の失点。これが明確に今節のターニングポイントとなった。

失点自体についてはリーグトップレベルの個の力を見せつけられたといった感じ。防ぎようがなかった面は大きい。
ただ、中山のあのショートが入らず、このワンチャンスをモノにされたあたりは、やや運がなかったとも思う。

この得点で余裕を得た名古屋はサンガの攻撃の限界点に気づき始めたのだろう、ここからは名古屋の守備が、ただ引いてるだけだったのが明確な意図を持ち始めるようになる。

サンガは現在柳沢に大きく比重を置いたシステムを使用している。というのも、サンガは4-1-4-1の4人のMFに4人ともパスの出し手タイプの選手を置き、サイドにもウイングタイプの選手を置いていない。
渡邉だけは唯一そういうタイプではあるが、その渡邉も左サイドに位置していることが多く、中へ入っていくプレイになっている。これがどういう問題を起こしているのかというと、相手の4バックに対し前線には柳沢のみしかいない状態となっており、非常に潰されやすくなる。そして仮に柳沢にボールが渡ってもサポートが少ない状況が多くなってしまっている。したがってここを潰されると、ショートカウンターにしか勝機を見出せなくなってしまう。

しかしながら、中央偏重なポジション分布になっている分、カウンター時の一定距離間の人数が非常に多く、時折、複数人によるショートパスがキレイにつながるような場面が見られる。また、クロスに対する中の人数の多さも昨季に比べ際立っている。
だが、これもまた新たな問題を引き起こしており、サイドが中央に入ってくるせいで、サイドでのコンビネーションを築くような場面がほとんどなく、上がってきたSBにボールだけ渡して、後は丸投げしてしまっているような状況が多い。決して、突破力・クロス精度に秀でたものがあるわけではないサンガの両SBをもってその状況だと、いくら中の人数が揃っていてもチャンスになりえない。むしろ人数をかけている分、逆に中途半端なクロスから相手のカウンターを招いてしまっている。

そういうわけで、名古屋は追加点後、まず柳沢、そして前線に出てきたときのディエゴへの圧力を明らかに高めてきた。それによりサンガの攻撃はまず半減。
で、仮にそこを潰しきれずサイドに展開されても、上記の問題に加え、闘莉王・増川という絶対的な高さがいることで、サンガの攻撃を完全にシャットアウト(増嶋は成長を見せていたが)。
名古屋としてはサンガの上記の2パターンに完全に気付き、2点差ということもあって、ここからは意図的に要所のみを押さえる戦い方をしてきたわけだ。ああ、とりあえず最終的に中で跳ね返しておけば怖くないわ、と。

もともとは不調で不本意に引くことになってしまっていたのが、セットプレーという飛び道具で先制、そしてカウンターで追加点を得たことで、最後は開き直ってリトリート。名古屋のチーム状態は褒められたものではないと思うのだが、多少の運があったとはいえ、悪い中でもこういう勝ち方ができるあたりは個の力の差なんだろうなと思う。

サンガとしてはやはり要所での集中力が明らかに欠けていた。本来、サンガこそこういうグダグダな戦いで要所をものにし勝利をものにしてきたチームである(ベガルタ戦然り)。攻撃面に妙な色気を出してしまい、未完成のまま勝ち点を拾えず、ズルズルといってしまうなんてことだけは避けたいが・・・


●次節以降のメンバーは?

増嶋、加藤の台頭が今節では目立った。個人的には片岡はもう少し守備に専念させてあげた方が、チームにも本人にも良い効果をもたらすと思う。その意味で、加藤をボランチのパートナーに置くことはアリだと思う。それくらい加藤は実戦で堪えうることを見せてくれた。まあでも、守備の選手に攻撃をやらせるのが趣味みたいになってるカトQのことだけに、まあ次節以降も角田・片岡の2ボランチだろう。チエゴは長短の差の激しさやプレーの軽さもあって現状はやや厳しそうだ。

後は上でも指摘したが、4人の出し手の上に柳沢ワントップという形がサポートはない分辛い感じがする。結果として柳沢の得点力を削いでしまっているし、ディエゴと柳沢のコンビネーションがイマイチなのもさらに状況を悪くしてしまっている。まあディエゴを使う以上ワントップが仕方ないのもわかるが、例えばダイヤモンドとかなら・・・まあカトQはやらねえか。

まあでも、今節を見た限りは、昨季に比べれば個々としても(例えば増嶋・森下・加藤)、組織としても、カトQサッカーが上積みされている雰囲気はある。もうしばらく希望的に見守っていこうと思う。




| 名古屋グランパスエイト | 15:47 | comments(0) |
+ Twitter
こちらです。 エジミウソン@ejimiuson11
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PR
無料ブログ作成サービス JUGEM